好みで選ぼう!自作ホームページを手軽に作成する2種類の方法とは?

ホームページを手軽に自作する方法

個人で手軽にホームページを自作する方法には、無料ホームページ作成サービスを利用する方法と、レンタルサーバーを契約して自作する方法があります。どちらも、なんとなく名前は聞いたことがあるのではないでしょうか?無料ホームページとは企業が運営しているサービスで、ホームページを作るためのシステムが準備されており、簡単な操作で作成ができるのが魅力です。レンタルサーバーは個人で業者と契約してホームページを作るスペースを借りるという方法です。それぞれの特徴を理解して自分にあった方法を選びましょう。

無料ホームページ作成サービスのメリットとデメリット

無料ホームページ作成サービスのメリットはなんといっても気軽に作れることです。ホームページの運営にお金をかける必要もありませんし、自作するためのマニュアルやヘルプが用意されているのも助かりますよね。デメリットとしては、無料サービスは広告収入で運営されていることが多く、運営会社の広告が表示される点です。ただ、自分が契約したスポンサーの広告も同時に貼ることができる場合が多いですので、少しぐらいの広告ならば気にしないと思えるならば、快適に利用できるでしょう。

レンタルサーバーのメリットとデメリット

レンタルサーバーのメリットは、自分が所有するオリジナルなホームページを作れるという点です。独自ドメインを取得すれば、自分が決めたURLでホームページを持てるのが嬉しいですよね。デメリットは、レンタル費用がかかるということと、ある程度ホームページ作成の知識が必要となる点です。ただ、最近はインターネット上にも自作ホームページを作るための情報が多数ありますので、初めての人でも情報収集をしっかり行えば、簡単に作成することができますよ。

ホームページを作りたいけど自分でホームページ制作管理ができないという方に、社会貢献の一環として障がい者雇用会社が代行して製作・管理してくれるサービスがあります。